1級建築施工管理技士(実地)

試験日程

実地試験:
令和2年10月
発表:
令和3年2月

施工管理技士とは

建築一式工事、鋼構造物工事、鉄筋工事、大工工事、防水工事、内装仕上工事等の建築工事において、主任技術者または監理技術者として施工計画を作成し、現場における工程管理、品質管理、安全管理、工事施工に必要な技術上の措置を適切に実施する事を業務をする。1級施工管理技士は建築一式工事に関し、高度の応用力を有する技術者として、指導監督的立場で現場の施工管理にあたる。
特定建設業許可の技術者としての条件資格で、下請を使っての工事受注(請負金額の上限無し)が出来ます。ゼネコンでは必須の技術者資格です。

取得のメリット

1級建築施工管理技士

特定建設業、指定建設業、一般建設業の主任技術者、監理技術者、専任技術者になれる
※特定建設業、指定建設業の技術者は1級資格所持者でなければならない。

講座内容

実力判定テスト

申込手続き完了後、実力判定テスト実施

応用講座

建築学・施工共通・施工管理・法規・総まとめ(計9回)

講習日程

確実に合格するために、自己採点後に即、記述指導に入ります。
直接先生にメールにて質問可能!

講座日程

講習日 時間 講習内容
第1回 
月日( )
9:30~
16:30
記述指導
第2回 
月日
( )
9:30~
16:30
実地対策・記述指導
第3回 
月日( )
9:30~
16:30
実地対策・記述指導
第4回 
月日( )
9:30~
16:30
実地対策・記述指導

※講師の都合等で、日程、内容等の変更がある場合もございます。

教室

大阪府社会福祉会館(館内)

受講料


一般 ¥(消費税別、テキスト・資料代含む)
会員 ¥(消費税別、テキスト・資料代含む)
注)受験料は含まれておりません。

お申込お問合先


一般社団法人 まなびの会 教育事業部 TEL:06-4304-3066 FAX:06-4304-3100
お申込・お問合はこちらから